介護タクシー大阪市大阪府料金ならまもるへ陸運局認可事業、ヘルパー2級在籍

介護タクシーの選び方

介護タクシーの選び方

装備の種類で選ぶ

車イス対応のタクシーは

①スロープ乗降タイプ②リフト乗降タイプがあったり③ストレッチャー車載対応・非対応など様々な機能の有無で選択いたします。

スロープタイプかリフトタイプかの違いは、どちらも乗降できますので、弊社の主観ですが、特に好みがなければ、どちらも送迎に大差はないと思います。

車種(乗り心地)で選ぶ

介護タクシーは①小型②中型③大型とタイプが3つありますが、ほぼ車イス対応車ですが、
①小型車で同乗者1名~2名OK、ストレッチャーは非対応
②中型車で同乗者2~3名可能、ストレッチャー可能
③大型車で同乗者6~7名可能、ストレッチャー対応で大人数旅行向きです。

◆上記のように車種ごとに対応できるサービスが異なります。

料金金額で選ぶ

介護タクシーの料金体系は基本的に、タクシーと同じですが、別途介助料等が発生する場合もございます。

車種のサイズによって基本金額が異なり、通常車種が大きくなれば金額は上がります。

用途によって使い分けをしましょう。

近場で(夏暑い時クーラーの状態や乗り心地バウンドの衝撃などでも大した事ない利用者様は料金の安い小型車でOK

小型車は軽なので、中型車は利用者様の体調や状態で、乗り心地やバウンドの衝撃は小型車との比ではありません。快適です。またエアコンも即調整調節可能です。

大型車は中型車の利点は勿論、広いので多人数での移動に適しております。少し基本料金はその分かかります。

距離によって加算されるタイプ(メータ料金)と時間によって加算されるタイプ(時間制料金)がありますので、

◆小型・中型・大型で、初乗迎車料金・加算運賃・時間制運賃すべて
大きめの車種にされるごとに、料金も高くなります。

◆条件に合った車種を的確にお選びください。

◆弊社グループ仲間にも小型・中型・大型とそれぞれおりますが、当日のその時刻に、お望みの車種が空いてるかは、その日の状況によりますので、予定がございましたら、お早めに予約を入れて頂く事をオススメします。

※当日の3時間前までキャンセル料はかかりません。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional